敬老の日に同居中の祖父母へプレゼントはコレ!孫の力が一番の鍵に!

目安時間:約 16分

 

今年の9月17日は「敬老の日」ですね。

 

夏の暑さがまだ残り、秋の入り口でもあるこの時期の行事ですが、

 

同居している義父母へ

 

  • 何か特別なものを贈りたい・・・
  • いつも孫を可愛がってもらい感謝を表したい・・・
  • 孫との思い出をプレゼントしたい・・・

 

と、お悩み中のパパママへ
「同居だからこそできる!」
特別なプレゼントをまとめてみました。

 

スポンサーリンク

 

同じ家に住んでいるので「特別」と言われると慣れもあり、難しい敬老の日。

 

ですが、最大のカギを握るのは、やはり無条件に可愛いお孫さんからのプレゼントだと思います。

 

「お孫さん」というスパイスを効かせたプレゼント思い出作り方法をまとめてみましたので、参考にしてみて下さいね。

 

 

 

スポンサーリンク

 

■敬老の日に同居中の祖父母へのプレゼント:孫からの贈り物が一番!

 

孫からの肩たたき

 

定番ながら効果テキメン!のお孫さんからの肩たたき

 

お孫さんが小さいうち限定のプレゼントになりますが、肩たたきをされて嫌がるおじいちゃんおばあちゃんはいませんよ。

 

逆にほっこりしますし、おじいちゃんだと照れてしまう場合もあります。

 

私の子供の場合ですが、
保育園で覚えてきた肩たたきの歌を歌いながら、肩をたたいたら場がほっこり♪

 

祖父母が何より喜んで「じょうずぅ~!」と子供を褒めていました(笑)

 

孫という立場って得だなぁ~と、改めて実感した瞬間です(笑)

 

肩たたきの歌を一緒に覚えてパパママも歌ってあげるのもいいですね。

 

保育園で覚えてきた歌はこちらです。参考にどうぞ♪

 

 

※言葉を覚えて間もない孫が、一生懸命歌いながら肩をたたいてくれる・・・
たどたどしい歌い方だとさらに可愛いさが増すみたいです^^経験談w

 

孫が描いた似顔絵

 

こちらも定番ですが、おじいちゃんおばあちゃんへ似顔絵のプレゼントはどうでしょう?

 

似顔絵の横に「だいすき」という文字を添えてあげるとより絵に温かみが増しますよ。

 

お子さんが書けない場合はパパママが協力して、クレヨンなどで書いてあげると子供の絵の雰囲気も邪魔することなく良さそうです。

 

子供が保育園で描いてきたのですが、「似てる~!」と祖父母が喜び飾っていました。

 

似ても似てなくても「孫が描いた」というだけでおじいちゃんおばあちゃんは嬉しいものですよ。

 

孫の折り紙作品

 

  • 長生きの言葉を書いた「長生きメダル」
  • 子供が保育園で作ってきた折り紙作品
  • プレゼントの定番のお花

 

を折り紙で作るなど、お孫さんからの折り紙作品をプレゼントするのも良いですね。

 

お孫さんの精一杯の気持ちが伝わばそれで十分喜んでくれますよ。

 

お花や盆栽、祖父母が好きなもの

 

お子さんが少しお小遣いをもらえる年齢やアルバイトできる年齢になれば、ちょっとしたプレゼントを贈るのもアリですね。

 

お花はそれほど高くなく500円くらいから購入できてプレゼントにピッタリです。

 

また盆栽も500円代から購入可能です。

 

「ミニ盆栽」という名前で売られていたり、お花屋さんやスーパーの一角のお花コーナーでも小さな植木が販売されています。

 

これに100円ショップで購入できるメッセージカードを添えて、仕上げにラッピング。

 

十分、気持ちが伝わるプレゼントになりますよ。

 

お孫さんがまだ小さい場合でも、パパママ協力の元、ちょっとしたプレゼントを用意。

 

メッセージカードにお孫さんから何か描いてもらったものを添えても温かみのあるプレゼントに仕上がりますよ。

 

おじいちゃんおばあちゃんが好きなものをちょこっとあげてもいいですね。

 

あくまでも「敬老の日」なので、「お孫さんから贈り物」程度で十分です。

 

あまり高額なものをもらっても気を遣わせますので、お孫さんから目線の「ちょっとしたもの」が大事だと思いますよ。

 

身体を気遣う健康グッズ

 

おじいちゃんおばあちゃんへの気遣いを感じる贈り物と言えば「健康グッズ」ですよね。

 

おじいちゃんおばあちゃんの年齢にもよりますが、気遣われて嫌な人などいません。

 

あなたが身体のことを心配されて嫌な気持ちがしないように、おじいちゃんおばあちゃんも自分のことを心配されて嫌な気持ちはしないですよ。

 

むしろ「気遣ってくれてありがとう」と思います^^

 

「お孫さんから」なので、高価なものではなくお小遣い程度のもので十分です。

 

例えば、敬老の日以降、だんだん冬へ近づくことも考えて、温かい生地の靴下や手足の乾燥に効くクリームなど500円以内で買えるものでOK!

 

「同じ家に住んでいる」という好条件を活かして、普段からおじいちゃんおばあちゃんが使うものなどを見て観察していても参考になりますね。

 

予算があればメッセージカードやラッピングも加えると華やかなプレゼントになりますよ。

 

気遣いの感じる贈り物が選べるといいですね♪

 

孫の写真を添えたアルバム

 

お孫さんの写真をまとめたアルバムをプレゼントしても素敵ですね。

 

保育園や学校での写真などを貼ると

 

「普段こんな風に過ごしているんだなぁ~」
「こんな表情もするんだね!」

 

と、生活の中では見えないお孫さんの新たな一面や様子が見れて、おじいちゃんおばあちゃんも嬉しいと思いますよ。

 

写真屋さんにアルバムを頼む場合は、低予算とはいきませんが、手作りでも作ることができます。

 

手作りアルバムの作り方は、こちらの記事にまとめています。
良かったら参考にどうぞ♪

【敬老の日プレゼントは孫の写真と作品を添えて!手作りアルバム作成法】

 

■敬老の日に同居中の祖父母へのプレゼント:孫と過ごす一日が最高!

 

話し相手になってあげる

 

お孫さんから何をされても嬉しい、おじいちゃんおばあちゃん。

 

話し相手になってくれるだけでも嬉しいと思います。

 

例えば、お孫さんが中学生や高校生の場合、スマホの操作を教えてあげるだけでも喜んでくれますよ。

 

お孫さんの方が頭が柔軟で、おじいちゃんやおばあちゃんよりはスマホに慣れている世代です。

 

便利なアプリやおじいちゃんおばあちゃんが使いそうなアプリなどを調べて教えてあげてもいいですね。

 

一緒にお出かけ

 

お孫さんとパパママが協力して、一緒にお出かけの計画を立ててみてはどうですか?

 

孫の可愛さに直接触れられますし、「こんなことができるようになったの?」とお孫さんを通して、会話も弾みそうです。

 

また、おじいちゃんおばあちゃんが一人でやるには億劫なことでも一緒ならできること、したいことを叶えてあげるのも素敵な思い出作りになりますよ。

 

私の母方の祖母は、回転すしに行ってみたいけれど一人では行けなかったので、日にちを決めてみんなで行くと本当に喜んでいました。

 

映画や美術館など、おじいちゃんおばあちゃんに「行きたい所」「やりたいこと」がないのか、普段の何気ない会話から自然と聞いておくと計画が立てやすいですね。

 

直接聞いてもいいですし、驚かせたい方はこっそりとおじいちゃんおばあちゃんと話しながらリサーチしてみて下さいね。

 

一緒に料理を作る

 

おじいちゃんおばあちゃんが好きな料理お菓子を一緒に作るか、一人で出来る場合は作ってあげても喜ばれますよ。

 

和菓子が好きなおじいちゃんおばあちゃんなら、みたらし団子やどらやき、また好みのお菓子を作ってあげるとか・・・

 

逆に料理を習ってもいいですね。

 

おじいちゃんおばあちゃんの得意な料理を一緒に作って一緒に食べる。

 

一見、特別に感じないことかもしれませんが、おじいちゃんおばあちゃんには孫が気にかけてくれるだけで嬉しいと思いますので、良い思い出作りになりますよ。

 

お手伝いしてあげる

 

おじいちゃんおばあちゃんが普段したいけど後回しになっていることを手伝ってあげるのも良い「行動でのプレゼント」になりますよ。

 

一人だと億劫になっていること、例えば

 

■部屋の片付けたいことがあるけれど面倒になっている
■畑の始末したいことがあるけれど一人だと億劫
■掃除したい場所があるけれど腰が痛くて一人では無理

 

など、普段気にかけているけど後回しで「いつかはやる」と思っている「いつ」を敬老の日に手伝ってあげるのも、素敵なプレゼントになります!

 

敬老の日がくる9月半ばは、夏の身体の疲れがたまっている時期なので、このお手伝いのプレゼントは本当に嬉しいと思いますよ。

 

「衣替えのお手伝い」なども時期的にピッタリ!
億劫になりがちなタンスの中の入れ替えを手伝ってあげるなんてとても助かると思います。

 

「お手伝い券」など作っても面白いですね。

 

100円ショップで購入できるメッセージカードや可愛い色合いのカードなどを利用してみましょう。

 

スポンサーリンク

 

■敬老の日に同居中の祖父母へのプレゼント:贈り物と思い出を組み合わせよう!

 

贈り物+思い出=二重の喜び♪

 

ご紹介したお孫さんからの「贈り物」と「思い出作り」の方法。

 

このどれか一つでも良いですし、組み合せても素敵な「敬老の日」になりますよ。

 

例えば、一緒にお出かけして、みんなで食事をする時に「孫から」プレゼントを渡す。

 

「一緒にお出かけ」だけでも嬉しいのにプレゼントまであるの?!とサプライズに喜んでくれそうです。

 

気持ちが伝わる組み合せを家族で話し合って決めてみて下さいね。

 

■敬老の日に同居中の祖父母へのプレゼント:まとめ

 

いかがでしたか?

 

一緒に住んでいる、近くにいるからこそできる「敬老の日」のプレゼントと思い出作りについてご紹介しました。

 

敬老の日の参考になれば嬉しいです。

 

一緒に住んでいても「お孫さんから」というだけで、何か特別なことをしなくても喜んでくれますよ。

 

「お孫さんから何かしてもらおう」
なんて見返りを求めているおじいちゃんやおばあちゃんなんていません!

 

「話相手になる」「気遣ってもらう」くらいで本当に有難いと思います。

 

「お孫さん」というスパイスを効かせた贈り物や思い出と共に、敬老の日が素敵な日に一日になりますように!

 

以上、【敬老の日に同居中の祖父母へプレゼントはコレ!孫の力が一番の鍵に!】でした。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございます^^

 

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前

メールアドレス

URL

コメント

管理人について

好奇心旺盛な管理人Cchanが、日常のあらゆる疑問をみんなの代わりに、調べて、まとめて、こねくり回していくので、見てくれたら嬉しいです。自身も2児のママとして子育てに奮闘中なので、ママ目線での情報も発信中。お役立ちいただけたらこれ幸せです♪

あなたのギモンをキーワードで検索してね!
スポンサーリンク




人気の記事一覧
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
タグ
2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
人気ブログランキング
Cchanのつぶやき
メタ情報

ページの先頭へ